その痛み放置しないで!【病気が治っても残る神経性疼痛】

健康

上手く付き合うには

痛みの原因に注意を払う

ファミリー

気候や温度差により神経性疼痛の痛みは変化しています。湿度が高い、温度が低いとこの二点は生活をしていく中で、注意をしていくことです。神経性疼痛が起きる原因としては脳内からの指令が関係しています。指令を出すのは、交感神経、副交感神経、自律神経などがあります。温度、湿度に敏感なのはこの様な脳内の神経です。神経性疼痛が起きる原因は様々です。その中で生活を注意すれば痛みの程度を軽く感じることは可能になるのです。長い期間、脳内の神経をコントロールするホルモンが痛みを覚えていると些細な刺激を大事な刺激であると間違えた指令を出すようになるのです。痛みに繋がる物は、何かを主治医の説明を聞き逃さないように受診の時は一人ではなく家族と共に医師の説明を聞くことが必要になってきます。痛みは検査データではわからないものです。しかし、何が原因で神経性疼痛を起こしているのかという根本的な病気があります。この病気を知ることで長期間痛みになっていたことのメカニズムがわかります。メカニズムから神経性疼痛の理由を取り除いていくことが重要になるのです。生活の中で今まで何が原因だった知る事が出来ると注意をどこで払えば良いのかを知ることになります。

生活に工夫で痛みが変わる

生活に必要になる工夫とは、長期間痛みを我慢していると脳内の神経が過敏に反応しやすくなります。この様に、理由を知ることで今後の神経性疼痛が軽くなっていきます。方法として、神経性疼痛が引き起こされないように、周りの環境を整えていく工夫が必要になっていきます。痛みは目に見えないものですが、心から来るものだけとは限らないのです。原因とっている病名を探すには、神経内科医の診断が必要になります。神経性疼痛の痛みになりやすいのは自然の寒さや台風などが関係してきます。室内の温度、湿度設定を管理していくことが工夫の一つです。具体的には体を冷やさないようにすることや気圧の変化が大きな環境になるものを極力避ける事になります。内服薬で出されている痛み止めの効果を最大限に引き出すことは、脳が疲労しないように、体を休める事です。脳が疲労すると脳内の神経伝達が全てコントロールし難い状態になるからです。医師によりますが、昼までも眠る時間を作るように薬の調合をしてくれる医師はいます。眠っていると暑さ、寒さの温度管理や湿度の変化に気が付かないからです。今後神経性疼痛と上手く付き合っていくためには、体に影響がある事を知らないで過ごす事から、神経性疼痛の症状が改善されていきます。