その痛み放置しないで!【病気が治っても残る神経性疼痛】

健康

あらゆる角度から診る医師

笑顔

最近よく見聞きする神経性疼痛は、大変多くの患者様が患っている病気です。痛みには様々あり、神経を刺すようなジンジン、チクチクした痛みが襲ってきます。神経性疼痛は、認知行動療法や薬物療法などが治療法として挙げられています。首や肩、腰などに疼痛が走る神経性疼痛は、不快な症状が長く続き、一時的に痛みを抑える痛み止めや湿布で対応している方も少なくありません。痛みを抑えるための応急処置として痛み止めは有効的ですが、根治治療には繋がりません。神経の痛みを静める処方箋が高い効果を示し、痛みを改善する根治治療へと繋がります。クリニックなどでは、様々な部位の痛みやしびれを診療され、様々な検査も行われています。具体的にどの診療科に行けばよいのか迷っている方も多く存在します。痛みを改善するためには、様々な面から診ることができる症状に適した専門的な病院が最適です。診察では、患部を見たり触ったり、特定の動作をさせたりしながら痛みの根源を探っていかれます。また、触診で特定の部位に痛みが発症する場合は、レントゲンなどの検査も行われます。その他に、知覚検査や脳の検査を行って症状を判断するのです。

神経性疼痛の症状は、原因がよく分からずに発症することが少なくありません。また患者自体も具体的な不調が見えないため、気のせいだと感じてしまうことが少なくないのです。しかし、実際に痛みは発生していますし、放っておくと痛みが再発する可能性も十分あります。そのため、可能な限り医療機関での治療を受けるようにしましょう。神経性疼痛の治療を受ける際には、外科的な治療を行う医療機関で診察を受ける方が多いです。しかし場合によっては、心療内科など心の治療を行う医療機関が適している場合もあるのです。心療内科などでは、脳神経の働きを調べる診察機器などがあります。それらを利用することで原因が特定できる場合もあるので、心療内科での診察がおすすめとなるのです。神経性疼痛は原因が明確でないことが特徴であり、脳機能の不具合などから発症してしまうこともあります。深刻な病気である神経性疼痛を、様々な面から検査を行い、無数にある神経の反応などを見ながら患者様の疼痛の原因を探しあててくれます。専門医では、患者様に適応する治療法を行い、適切な処方箋を出されます。根本的な治療を行うことで、神経性疼痛の再発がない健康的な体へと導かれます。辛い痛みを我慢しながら過ごしている方は、専門医で治療を行うことで痛みから解放することができます。