その痛み放置しないで!【病気が治っても残る神経性疼痛】

健康

痛みを根本から治す

Doctor

神経性疼痛の症状には、ビリビリ、ジンジン、チクチクなどの症状が見られ、神経の痛みとして捉えられています。神経性疼痛で悩む方は非常多く、症状の原因がどこから発症しているか思案されている方も少なくありません。私たちが感じる痛みには、切り傷や打撲に寄るもの、その他にすぐ治る痛み、長く続く痛みなど様々あります。また、刺すような痛みもあり、腰や首、頭、足など様々な部位に発症します。痛みを発生すると、とても不快な感覚を伴いますが、神経性疼痛はほおっておいても治る病気ではないと言われています。痛みの根源をよく理解し、痛みと上手く付き合っていくことが大切なことです。また、神経性疼痛の症状の中でも症例が多く報告されているのが、坐骨神経痛です。こちらは脚部の外側にある坐骨神経が痛みを発するもので、急激な痛みやしびれなどを伴い特にお尻や脚の付け根などに痛みを訴える方が多くいます。最終的には歩行など生活動作にも影響を及ぼすことがある、恐ろしい症状でもあるのです。また、腰痛を患っている方も神経性疼痛が発生するケースが多く、発症率も増加の一途を辿っています。腰痛の慢性的な痛みに加えて、チクチク、ジンジンなどの神経の痛みが同時に起きます。また、足先などにしびれや麻痺を発生する方も多いのが特徴です。

腰痛は、男性や女性どちらも訴えの多い症状で、その数は増加傾向にあります。腰痛は、腰に負担がかかった際に発症することが多く、この腰痛がキッカケとなって神経性疼痛が引き起こされているのです。その他に、糖尿病神経障害では、糖尿病網膜症などが挙げられており、こちらも神経性疼痛の症状が発生します。人間の神経の端とも言える手足が痺れ出し、障害を引き起こしてしまいます。症状が比較的早く現れることが特徴となっており、一度発症すると痛みが現れる間隔も短いという厄介な症状となっているのです。感覚麻痺や、触れられるだけでも痛みを感じる神経性疼痛には、様々な疾患から起こる場合があり、精神的なメンタル面での疾患でも起こりうる病気です。腰痛やヘルニアなどにより発症する場合が多いですが、事故などの衝撃により脳の働きが正常ではなくなり、神経性疼痛が引き起こされる事もあると言われています。そのため、診察を受ける診療科としては、内科や外科だけでなく心療内科などでの治療も選択肢に入れておきましょう。専門医を受診して、早急に対処することで最も最良の結果を生み出すことができるので、神経性疼痛の症状がある方は受診することが望ましいことです。